パートで就業する時の面接のコツとは

転職の動機は、人によって様々ですが、やはり年収をアップしたい、とか今までの職場で学ぶものがなくなったため新しい職場で新しいことにチャレンジしたいという理由は多いと思います。またその一方で、少しネガティブな理由として、古い職場の人間関係がよくないため、そこから逃げたいといったものもあります。

 

私は特に同業他社への転職の場合、やはり前の職場の人とは良い関係をつくったまま、新しい職場にいってもお互いに情報交換できるくらいの関係で転職することをお勧めします。

 

どこの業界でもそうですが、今までにいた会社のクライアントと、新しい会社でのクライアントがかぶる話しはめずらしくなく、コンペなどに行くと、意外なところで前の会社の同僚とばったりあったり、話しが出たりなんていうことはそんなに珍しいことではありません。

 

そんな時、もし良い関係のまま転職できているのであれば、気まずい気分になることもなく、お互いの近況を報告したり、情報を交換しあったりと有意義な時間となりますが、顔をあわせたくない状況であれば、一般的に転職をした側が非常に嫌な気持ちになるものです。

 

転職をする際には、少なくとも同僚とはできるだけ良い関係を築いた状態で新しい職場に送り出してもらうのが成功する転職の1要素だと思います。

転職の難しさ

私は様々な仕事を過去にこなしてきた経歴があります、でも、やはり転職というものはいつも難しい難題となって私に迫り来るのです。

 

というのも、正直なところ、ステップアップとして新たな職業につくということは、この不況な社会ではとても難しく、そして先方としても、なかなかそれをステップアップとして捉えてもらえないという現実があるのです。

 

実際、私はある程度のスキルを持っているという自負もありますし、仕事もその辺の人よりは効率よく確実にこなせると思います。

 

しかし、そういった今までの仕事に対するものを転職の面談に立ち会う担当者にぶつけたところで、結局はその担当者と自分が合うか合わないか、これで概ねのところ判断がされてしまうように感じたからです。

 

そうなってくると、果たしてどうすることが転職成功への最短での道のりになりえるのか・・

 

これはとても難しいテーマですが、やはり当たり障りのないところから、担当者の好み、そして会社が今欲している人材像を前半で素早くキャッチし、そこに対して効果的なアピールを行うことが最も必要なスキルになるのではないでしょうか。

 

簡単に書きましたが、これは最も難しいスキルであり、ある程度の人生経験でもないとできない方法だと思いました。