雇用保険が適用されるには

転職中には、前の会社で勤めていたときに掛けていた雇用保険が適用されます。それで、雇用保険受給資格者証をもって、ハローワークへ行きます。

 

手続きを済ませてしばらくすると、何回かに分けて1回あたり10万円以上が銀行振り込みされます。これはしばらくの間、有効な生活資金となるため、手続きは欠かせません。雇用保険の手厚い対応が受けられるようになっています。その受給期間中に、アルバイトを含み仕事が決まれば申告します。受給額が多少変わるようです。

 

受給額は月額給与の6割程度となっており、30万円なら、18万円になります。それが3〜4か月分ぐらいあります。職業訓練制度があり、CADとか、経理とか、パソコンとか、いろいろな講座が用意されています。それを受講するにも、人数制限と面接があるようですが、低価格でテキストを買い、受講ができます。

 

中には10万円の給料を貰いながら受講できるものもあるようですが、その場合は、世帯主の家計とか家族の所得、資産状況などがチェックされ、基準を満たした場合にのみ適用されます。

 

すぐに転職先が見つからない、あるいは技能が身についていない、何をしたらよいかわからないようなときには、職業訓練を利用するのも手です。